パワーストーンイメージ

パワーストーンのピンキーリング

指輪をつけるのが好きな方であればいろんなサイズのものを持っていることも珍しくありません。
私もいくつかのサイズのものを持っていますが、よく好んでつけるものがピンキーリングです。
ピンキーリングとは小指につける指輪のことをいいます。
右につけるのか左につけるのかで少し意味が違ってきます。
左であれば婚活にぴったりで、特に恋愛系のパワーストーンをつけるのが吉です。
私は結婚を予定している恋人がいますが、左の小指にはローズクオーツという薄いピンク色の水晶がついたリングをつけています。
この石は恋愛成就の意味をもっているもので、私自身はこの石を身につけるようになってから女性としての自分に自信をもてるようになってきました。
また自信がついただけではなく、彼にもっと好きになってほしいと自分の外見も中身も磨く努力をするようになったのです。
おかげさまで彼とは長いつきあいに関わらず、今でもとても仲がよく、お互いに魅力を感じています。
そしてピンキーリングを右手につける場合は自分をアピールするという意味があります。
人から注目を浴びたいという方であれば右手の小指につけるのが良いです。
アクアマリンは幸福や健康、富の象徴ということを聞き、その時の気分で右手につけています。
特に幸せになるためには健康でいなければという思いもあるのでそういう意味があるパワーストーンもいくつか持っています。
ピンキーリングの良いところはさりげなくオシャレをできるということです。
シンプルなリングでも十分アピールすることはできますが、パワーストーンがついていることでジュエリーのように見せることができ、上品さも出すことができると感じました。
ですからカジュアルにもフォーマルにも使える万能なリングだと思います。
またパワーストーンはリラックス効果http://powerstone-effect.com/katsuyo/をもたらしてくれることが多いのでつけているだけで安心感があります。
一般的にパワーストーンは浄化を定期的にしてあげる必要があります。
私はブレスレットなどはいつも水晶のクラスターで浄化しています。
同じようにピンキーリングに関しても石がついているので浄化の意味でクラスターの上に置いておきます。
そうするとしばらくたって見てみた時に石の輝きが違っているのです。
悪い気などを代わりに吸収してくれた時には石はにごったように見えるのですぐにわかります。
石は私にとってのお守りのようなものですから、ずっと大切に使っていきたいと考えています。

Copyright(C) 2012 幸せの石.com All Rights Reserved.